アクアPSの施工の仕方

アクアPSを使った工事の仕方について、ご説明いたします。

アクアPSを使った工事はとても簡単です。ただ施工する際の塗料、糊、漆喰などにアクアPSを数%混ぜ合わせるだけです。

アクアPS以外に特殊なものは何も必要ありません。ただ普通の工事をおこなうだけです。

施工の事例については、下記のリンクよりごらんください。豊富な画像でご覧頂けます。

漆喰をつかった工事の事例

1、アクアPSを漆喰に混ぜる

はじめに仕上げ塗りの漆喰に、アクアPSを5%程度混ぜ合わせます。

2、普通に仕上げる

アクアPSを混ぜ合わせた漆喰を使って普通に仕上げるだけです。

 

塗装する場合は塗料に、壁紙を張る場合は糊に、アクアPSを混ぜるだけなのです。
とくに壁紙の糊や塗料に使用する場合は、少ない量のアクアPSで効果が期待できます。

アクアPSを使った施工写真集

天然スーパー添加剤アクアPS、施工コストの目安

天然スーパー添加アクアPS、剤用途別添加量(%) 20μ使用時 (1kg)
品   名 入 数 (㎏) 添 加 量 施工㎡(g) 1㎡単価
珪 藻 土 5㎏ 5% 3.3㎡(25g) 212円
漆   喰 20㎏ 5% 15㎡(100g) 187円
京   壁 5㎏ 5% 3.3㎡(25g) 212円
アクリル系壁材 20㎏ 5% 20㎡(100g) 140円
クロス張り下地糊 40㎏ 5% 500㎡(2kg) 112円
塗料(水性 ・油性) 1.5㎏ 5% 10㎡(75g)(室内一度塗) 210円

※《注意》 珪藻土 漆喰 京壁 塗料に添加する場合は色合いが原色と違ってきます。添加量で調整をお願い致します。

※珪藻土 漆喰については、仕上げに直接添加することによりグラデーションをつけることができます。

ページの一番上へ